アフリカ・ギャラリーへ戻る

セネガルコーディネーター
西アフリカのセネガルの取材や撮影コーディネーターのロケ現場からの写真
ダカール市,等々

ダカール市(英語: /dɑːˈkɑːr/; フランス語: [dakaʁ];ウォロフ語:Ndakaaru)は、セネガルの首都であり、最大の都市です。ダカール市の人口は1,030,594人ですが、ダカール都市圏の人口は2021年に394万人になると推定されています。ダカール周辺は、15世紀に入植された。ポルトガル人がキャップ・ヴェール沖のゴレ島に拠点を設け、大西洋の奴隷貿易の拠点とした。1677年にフランスがこの島を占領した。19世紀に奴隷貿易が廃止され、フランスが本土地域を併合した後、ダカールは地域の主要な港として、またフランス植民地帝国の主要都市として発展した。1902年、ダカールはサン・ルイに代わってフランス領西アフリカの首都となった。1959年から1960年にかけて、ダカールは短命なマリ連邦の首都であった。1960年にセネガル共和国のフランスからの独立以来ダカール市はセネガルの首都になっています。ダカールはアフリカ大陸の西端に位置し大西洋横断貿易において重要な位置を占め、この地域の主要港湾であり、コートジボワールのアビジャンと並んでフランス語圏西アフリカの商業の中心都市である。