エクセルマン
プロダクションズ
       スタッフ紹介

代表取締役:
  ダグラス・ライオン
(Douglas E. LYON)

ダグラス・ライオン
ダグラス・ライオン
ダグラス・ライオン:マリ共和国、トンブクトゥより約200キロ北へ行ったところにて
マリ共和国、トンブクトゥより約200キロ北へ行ったところにて・・・
ホワイトハウスで仕事していた当時のライオン:実はこれはウガンダのホワイトハウス!(大統領宮殿)です。
ホワイトハウスで仕事していた当時のライオン:実はこれはウガンダのホワイトハウス!(大統領宮殿)です。
チェルノブイリ:三号炉の制御室内のライオン
チェルノブイリ:三号炉の制御室内
ダグラス・ライオン:アメリカスカップの取材中
アメリカスカップの取材中

代表取締役、アフリカやヨーロッパ担当撮影コーディネーター。米国カリフォルニア出身。日本語、フランス語を殆ど母国語のように話す。英語は言うまでもなく!(中国語多少!) 日本に2年、中国に1年滞在(留学:雲南大学)、そしてフランスには1982年より在住。既に、世界70ヶ国以上を訪問

ジャーナリスト・コーディネーターとして、ファッション通信(テレビ東京)の制作を数シーズンに渡り担当。その後、テレビ番組制作業界での経験を生かすためフリーランスに転向し、「なるほど!ザ・ワールド」(フジ・テレビ)始め、数々のバラエティー番組(日本テレビの「電波少年」、「ネプ&イモトの世界番付」)などの制作に参加しました。

世界ウルルン滞在記(TBS)のロケ、7ヶ国分のロケ・コーディネーターを担当、また2年間に渡る「ワールド・アップリンク」(フジ・テレビ)の番組制作へのコラボレーションにより、およそ200回におよぶロケ撮影と衛星生中継の番組を提案、企画、そしてコーディネート全面を担当しました。

「ヴァン・ゴッホの謎」(ユネスコ賞)はフランス2とフジ・テレビのためのTransparences Productions 社との共同制作(フジ・テレビ側のプロデュースを担当)、また Ellen Von Unwerth 氏の監督によるパルコ(デパート)のコマーシャル・フィルムの制作なども手がけ、次第に制作ディレクターから現地プロデューサーへとその活動を拡げて行きました。

弊社「実績」ページの99.9%は基本的に彼本人の実績と重なっています。(実績ページ上で、彼の実際に現場に行っていないロケは二つのみ!)これまで60以上の国で日本のテレビの為の撮影コーディネートおよびディレクターとしての実績があり、延べ回数はこれを大きく上回ります。特にマリ共和国、ニジェール、ナイジェリア、エチオピア、ベナン、ジブチ、コンゴ民主共和国、ガボンなどは、ロケのため現地滞在が3週間を越えるものが多かったこともあり、その国々を知る良いきっかけになっています。 ロケコーディネートを通じ各国にとても良い人脈を構築することも可能となりました。

エチオピアからグリーンランド、チェルノブイリからナイジェリア、南アフリカからフィンランドやノルウェーの北極圏、アイルランドからイスラエル、レバノン、そしてトルコまで!

現在弊社は60ヶ国以上での取材コーディネートや撮影コーディネートの実績がありますが、実際に取材コーディネートの取扱の出来る国は当然それよりも多いです! ロケコーディネートを通じ各国にとても良い人脈を構築することができるのは、大きな財産です。


ライオンとアフリカ大陸の出会い:

エクセルマン・プロダクション社のアフリカロケはすべて、ライオン氏自らが担当しています。弊社が今までさせていただいたアフリカ撮影ロケの仕事の現場コーディネーションの99%がそうです。単独で日本のテレビのためのアフリカ取材(現地取材や撮影ディレクターとして)、又は取材コーディネートでアフリカの国々へ訪れた回数は、なんと全部で合わせて80回以上になります。(エチオピア6回、ナイジェリア6回、ニジェール5回、ガボン5回、マリ7回、セネガル7回、ベナン5回等)。そしてマラリアにも20回感染!

1994年、ルワンダ内戦が勃発し、日本の自衛隊がザイール(現コンゴ民主共和国)に入りました。 その際、ライオン氏は、当時のTV幹事局であったテレビ朝日からの依頼で日本の報道プールの現地コーディネートを任せられました。

そこは、世界一危ない火山と言われているニーラゴンゴ山の足元で、深い穴だらけの滑走路には、飛べないボロボロの飛行機が散らばっていました。そんな壊れた機体の中で現地の人たちは生活を強いられ、子供達は滑走路を走り回り、誰れが一番最後に、動く飛行機の機体に直に手で触れる(タッチ)かを勝負するゲームをして楽しんでいるという悲惨さの中では、衛生環境も最悪な状態で、マラリア、チフス、赤痢が流行り、当時のTBSパリ支局のスタッフ全員が肝炎を患ってしまうほどでした。

機関銃の音が鳴り響く毎日、道端には死体が散らばっているという状況の中で3ヶ月半、ライオン氏は日本の報道プールの仕事をし、プールの撤収後は、現地にそのまま残り、日本のテレビの報道取材番組、ニュース・ステーションなどの現地取材コーディネートを行いました。

プールの仕事は、テレビ各局の仕事であって、期間が長く、ローテーションでそれぞれの局が交代でプールに入って報道の仕事をしますが、例えば、ロンドン支局から来たスタッフが帰り、ベルリン支局のスタッフが入るというように、日本の各テレビ局の支局長も順番にプールに入って現地の報道取材をするわけです。

そんな状況下で、ライオン氏は、日本のテレビ各局の様々な人たち、各局の各地支局長、また日本から来たプロデューサー、ジャーナリスト、記者たちと共に危険と隣り合わせの中で、仕事をすることによって、日本のテレビ各局から彼のアフリカでの業績が認められ、注目されるようになったのです。そしてそれ以来、アフリカでのロケのコーディネーションといえば、パリのエクセルマン社のライオン氏と言われるほど、日本のテレビ各局からアフリカ大陸での取材コーディネートの第一人者して認識されながら、仕事を続けています。

ライオン氏がなぜアフリカにこだわるのか?アフリカが好きなのか?というと・・・

ルワンダ内戦(難民危機)の当時、ザイールでプレスプールの仕事をしていた時、次の仕事の予定であった、日本テレビの電波少年という番組のスタッフルームに、現地ザイールから電話をしました。その電話で「チーフディレクターの〇〇さんいらっしゃいますか?」と電話口で言うと、電話に出た番組制作スタッフに「どちらさまですか?」と聞かれたので、彼は「アフリカのライオンと申します!」と言ったら、いたずら電話と勘違いされ、ガチャンと電話を切られてしまったそうです。

改めて15分後に電話をしたところ、奥からチーフディレクターの声が聞こえ「何!?ライオンからの電話があったのに、電話を切ったの??」と言う怒りの声が聞こえてきました。その時、ライオンという名前、アフリカにいるライオンという、ダジャレのようで楽しいな・・・と思ったものです。その名の通り、アフリカのライオン。彼の名前からしても、アフリカとの縁、アフリカとの強い繋がりを感じます。

このようなライオン氏とアフリカ大陸の出会いから、彼のアフリカでのロケのコーディネーションに対する想いは、長い年月の経験と彼の情熱によって、そのままエクセルマン社の得意とする、特化した分野のひとつとして、業界では知られています。


エクセルマン・プロダクション社には、Douglas E. LYON の他、彼のもとに集まる常勤の協力者(Albert LALOY)が一人います。各自様々な分野での活動経験を持ち、弊社のアイデンティティーを形作るスタッフとなっています。

アルベール・ラロワ
(Albert Laloy)

アルベール・ラロワ
アルベール・ラロワ

インド人の父とベトナム人の母を持つラオス生まれ。三世代前からフランス国籍。 エクセルマン・プロダクション社の《情報収集部門の頭脳》で、現場での作業より裏方の仕事を担当。彼は、全ての文書関係(企画の概要から台本、制作内容まで)と資料収集を担っています。また、取材、ロケ撮影などの企画から進行までも行っています。パリ大学文学部の大学院に進学する傍ら、教員養成の勉強もし始めた頃から Douglas LYON のもとで働き初め、「ワールド・アップリンク」の制作初期、その後エクセルマン・プロダクション社の創立にも参加しました。 絵の腕前はプロ並み。

スティーブ( Steve )

スティーブ
スティーブ

経理部長、スティーブ(メス)は2003年10月、フランス、ロワール川沿いのアンブワーズ城近くの山羊小屋で生まれる。 2004年1月入社。エクセルマン・プロダクション社の秘密兵器。舞台裏の一番の頭脳。好奇心旺盛ですが、簡単には感動しません。スティーブは経理部長ですが、滅多に電話に出ません。(自分は管理職だと言う風に何時もアピールをして傍観するばかり)。 スティーブはタイの人類学に関してものすごく興味がある様です・・・その話題ばかり・・・ 特にミャウ族が好きみたい・・・ 管理職なのでスティーブの毎日はエクセルマン・プロダクション社の人事管理の仕事で忙しいです(傍観するだけ)。大好物は生マグロと生エビ。


この3人の常務スタッフを中心に、他の仕事内容により(コーディネート、カメラ、音響、技術、作曲、運搬、グラフィック、コンピュータ技術)など、各部門の技術力と信頼関係で結ばれ、また共同作業に慣れた多数の専門外部スタッフたちが、弊社の業務全般を支えています。

このように、エクセルマン・プロダクション社は柔軟性のある組織構成を持つことにより、テレビドラマやコマーシャルフィルムの制作など50人以上のスタッフ動員から少人数での作業まで、依頼を受けた企画ごとの内容と予算に応じて、様々なサービスを提供しております。

弊社のルポルタージュ、ドキュメンタリー、またニュース取材などのコーディネートと制作業務は日本のテレビ業界からも実績を認められ、これは弊社の活力であると同時に責務とも感じているものです。そして、弊社の活動範囲は娯楽番組、テレビドラマ、また衛星生中継の企画などと大きく広がりつつあります。

クライアントの方々からの、いかなるご依頼やご要望にもいつでもお応えできるよう、広い情報網を通じた深い情報収集に精通し、弊社は制作のみならず、「企画提案」までのサービスができるまでに至っております。

常時から新聞雑誌、週刊誌などを詳しくチェックすることにより、時事問題を鋭く捉えながら、常に最新の話題や情報を蓄積することにより、ルポルタージュなどのテーマをいつでもご提供でき、パリに支局を持つ日本のテレビ局の方々のみならず、大きくヨーロッパ全体のクライアント各位への忠実なコラボレーション関係を保つことができております。

ヨーロッパ、アフリカ大陸全域を通じて、弊社スタッフの最大限の機動力は、取材テーマへの様々な角度から、より的確なアプローチが可能になることです。更には様々な環境、状況のもとでの取材、ロケ撮影において、新たなテーマに関わる必要事項への迅速な理解と、制作実現のための条件(人員、地理、予算、時間など)への早急な提案なども可能になります。