アフリカ・ギャラリーへ戻る

モーリタニアコーディネーター
モーリタニア・イスラム共和国での取材や撮影コーディネーターの現場からの写真
ヌアクショット市,等々

モーリタニア・イスラム共和国(アラビア語: الجمهورية الإسلامية الموريتانية‎)、通称モーリタニアは、アフリカ北西部に位置する共和制国家。
西に大西洋、北と北西に西サハラ、北東にアルジェリア、東と南東にマリ、南西にセネガルと国境を接しています。モーリタニアは、アフリカで11番目に大きな国で、領土の90%はサハラ砂漠に位置しています。
人口440万人のほとんどが南部の温暖な地域に住み、約3分の1が大西洋岸に位置する首都であり最大の都市であるヌアクショットに集中しています。
この「モーレタニア」と言う国名は、現在のモロッコとアルジェリアに位置していた古代ベルベル人の王国「モーレタニア」に由来しています。ベルベル人は紀元3世紀頃から現在のモーリタニアを占領していました。8世紀にはアラブ人がこの地を征服し、イスラム教、アラブ文化、アラビア語をもたらしました。19世紀後半には、フランスの西アフリカの一部としてフランスに植民地化された。1960年に独立を果たしたが、その後はクーデターや軍事独裁政権が繰り返されている。モーリタニアでは独立後初の平和的な政権交代とされた2019年の選挙の結果、モハメド・ウルド・ガズアニがモーリタニア大統領に選出されました。
モーリタニアは文化的にも政治的にもアラブ世界の一部であり、アラブ連盟に加盟し、アラビア語を唯一の公用語としていますが,植民地時代の遺産を反映して、フランス語が広く使われており、全民族同士の共通語として機能しています。
公的な宗教はイスラム教で、住民のほとんどがスンニ派のイスラム教徒である。モーリタニアの社会は、アラブ人としてのアイデンティティーにもかかわらず、多民族で構成されています。ビダン族(いわゆる白人ムーア人)が人口の30%を占め、ハラティン族(いわゆる黒人ムーア人)が40%を占めています。どちらのグループもアラブ系とベルベル系の民族、言語、文化が融合しています。
残りの17%は、サハラ以南の様々な民族で構成されています。 モーリタニアの民族構成は、白人ムーア人(又はモール人)(ビダン人)53%、240万人、黒人ムーア人(ハラチン人)30%、サハラ以南のモーリタニア人17%(主にセネガル川流域出身で、ハルプラール族、フラニ族、ソニンケ族、ウォロフ族、バンバラ族など)です。
鉄鉱石や石油などの天然資源が豊富にあるにもかかわらず、モーリタニアは非常に貧しく、経済は主に農業、畜産業、漁業で成り立っています。このように、モーリタニアは人権問題でも知られています。特に、ビダン族とハラチン族の間の歴史的なカースト制度の結果、奴隷制度が続いていることが知られています。1981年に奴隷制度を廃止した最後の国であり、2007年になってようやく犯罪化されました。

この写真集は映像制作のプロの作品のつもりではなく、撮影の下見、ロケハンの参考として、現場の状況を把握して頂くために掲載しております。よって、この写真集の提供の背景をご理解下さいますようお願い申し上げます。