コーディネーター:取扱諸国:
ナミビア:
テレビ取材や撮影コーディネート

ニュース,ドキュメンタリー,バラエティー番組など:

ナミビア
ナミビア共和国:
公用語: 英語,オヴァンボ語,ナマ語,アフリカーンス語,クワンガリ語,ヘレロ語,等。
首都: ウィントフック
通貨: ナミビア・ドル (N$) (NAD)
独立: 1990年3月21日(南アフリカ共和国より)

国際電話番号:264

人口の約50%がオヴァンボ人,9%がカバンゴ人,7%がヘレロ人,がダマラ人,5%がナマ人,4%がカプリヴィアン人,3%がブッシュマン,2%がバスター人,0.5%がツワナ人となっている。白人はドイツ系,オランダ系の子孫であるアフリカーナーなどから成るナミビア白人によって構成され,その他に在ナミビア中国人が存在する。経済:牧畜やダイヤモンド,ウラン,亜鉛などの鉱業が主。経済的には南アフリカへの依存度が高い。人口の少なさ、鉱物資源の豊富さ,整備されたインフラによって,アフリカでは比較的豊かな国であるが,貧富の差が世界一激しいと言われており,ジニ係数は世界一である。世界で最も古いといわれるナミブ砂漠が有るし,アフリカ最大の塩湖であるエトーシャ塩湖も有ります。ボツワナの国土の70%を占めるほか,ナミビア,南アフリカ共和国にかかるカラハリ砂漠も有ります。

このページは只今作成中。