アフリカ・ギャラリーへ戻る

ナイジェリアの映画業界:ノリウッド​
ナイジェリア撮影コーディネーター
ナイジェリアのテレビ取材コーディネーターの撮影現場からの写真:

ノリウッドはナイジェリアの映画制作産業:アフリカ最大の人口1億9600万人を抱えるナイジェリアは、映画産業が盛んである。年間2000本近くの映画が作られている。本数だけを見ると世界的な映画産業の中心地ハリウッド(Hollywood)をも超えるナイジェリアの映画業界は、ナイジェリアの頭文字「N」を取って「ノリウッド」(Nollywood)と呼ばれている。特に、同国の最大都市ラゴスは映画関係者の集積地になっているけれども,北部のジョス市(ハウサ族,ハウサ人ガ多い地方)にも有名な映画学校が有ります。首頭ラゴス市にも勿論有名な映画学校学校が有ります。映画監督,俳優,カメラマンや台本作家になる為な,範囲の広い教育を提供している有名な俳優が作った学校です。ノリウッド映画の特徴は、麻薬や人身売買、汚職などアフリカの社会問題をテーマにしていながら、結末は必ずと言っていいほど「ハッピーエンド」になる作品しかない。娯楽性の高いノリウッド作品は、他のアフリカ諸国にも輸出されて人気を得ている。コメディ、ヒューマンドラマ、ラブロマンス、サスペンスなどなど、ナイジェリア発の作品は何でも有ります。ノリウッド映画の言語は多様性も有ります:ヨルバ語,イボ語(イグボ語),ハウサ語,英語も有ります。ネットフリックスでも最近はノリウッド映画が見れる様になって来ています。