コーディネーター:取扱諸国:
ナイシェリア:
テレビ取材や撮影コーディネート

ニュース,ドキュメンタリー,バラエティー番組など:

ナイシェリア
ナイシェリア:
公用語:英語
首都:アブジャ
通貨:ナイラ
独立:1960年10月1日,イギリスから独立
当然の様に撮影許可が必要ですが,その為,本来はクルー全員が先ず首頭アブジャ市までいって取得する必要性は有るけど,弊社は通信省の撮影許可を発行する方とは特別の付き合いがありまして,より簡単には出来ます。その許可は特に高い訳でもないです。 基本的には必要な書類を少なくてもロケ2週間前位には必要です。 ※詳細はお問い合わせください。

機材通関:
撮影機材の通関には,現地の通関業者を通すことは出来ますけど,弊社はその為の人脈は有りますが,今までやったことはないです。通常規模のENG取材で有れば必要ないと思います。

ビザ:
現地ではビザ取得不可能なため,在日ナイジェリア大使館にてビザを取得する必要あり。
その他:
アフリカの殆どの国と同様に現地到着少なくても10日以前に黄熱病予防を打っていないと行けない。現地空港到着後にイエローカードのチェックあり。 テロや誘拐が頻発している地域も有りますが,危険なところは殆ど北部とデルター周辺です。 場合に依ってはセキュリティの同行は必須。

ナイジェリアの世界遺産:
スクルの文化的景観(1999年,文化遺産)
オシュン=オショグボの聖なる木立(2005年,文化遺産)