アフリカ・ギャラリーへ戻る

ナイジェリアのラゴス市の水上街マココ
ナイジェリアコーディネーター
ナイジェリアの撮影取材コーディネーターのロケ現場からのビデオ:

マココ:ナイジェリアの元首都ラゴス市の中心にある水上街マココ。実はマココの住民は隣のベナン共和国から流れて来た漁師のトフィヌ人(トフィヌ族)です。トフィヌ人はベナンの「アフリカのヴェニス」と呼ばれる水街であるガンビエ(Ganvié)を作った人達です。マココの年配の方はトフィヌ族のアゾ語,フランス語とヨルバ語、ここナイジェリアで生まれた若者達はトフィヌ族のアゾ語、英語とヨルバ語を話す。年配の方はフランス語が話せる人に対する歓迎が比較的暖かい!マココの人口は推計30万人とされているが、誰も正確な数は知らない。ラゴス市にある今にも倒壊してしまいそうな住民たちの暮らす家々は、この街のいかなる開発計画にも、地図にも載っていない。世界のメディアはよくマココのことを「超大スラム街」として呼びますけれども,マココの住民達はそう言う言い方に関して納得が出来ない,止めて欲しい,嫌が有ります:マココは暴力の無いコミュニティであり、スラム街でも戦争地域でもないと!